2015年09月24日

復帰後にやっていけるのだろうか?

症状が長く続いたら、「女性用媚薬」の可能性も

しかし、出産後数週間、数カ月たっても同じように情緒不安定な状態が続く場合は、「産後うつ」の可能性も考えられます。原因は、マタニティーブルーと同様、ホルモンバランスや体調変化なども原因ではありますが、それ以上に、育児不安や必要以上のプレッシャーを感じてしまっていたり、周囲の協力が得られず育児の“孤独感”を感じていたり……といったことも大きく影響します。

うつは病なので、早めに治療にかかるのがベスト。出産後、しばらくたっても妻(娘、お嫁さん)がふさぎこんでいる、イライラし続けている、様子がおかしい……と家族の誰かが気づいたときは、ぜひ積極的な受診を勧めてあげてください。

出産後、夫を愛せなくなる人も!? 「産後クライシス」

さらには、こんな“心情”の変化も。「出産後、女性用媚薬夫への愛情が減ってしまった」という女性が少なからずいることが、最近特に話題になっています。ベネッセ次世代研究所の調査では、妊娠中に「夫への愛を感じている」と回答した女性は74.3%という数値ですが、これが出産後1年以内に45.5%にまで減少する……といった、夫の立場からすればちょっと恐ろしい(!?)結果も出ています。「出産」を機に、旦那さんへの愛情が薄れ、夫婦仲がうまくいかなくなり、悪くすれば離婚にまで至ってしまうこともある。こうした一連の夫婦の危機を「産後クライシス」と呼びます。産後クライシスの原因はケースバイケースで、とても複雑。ただ多くのケースにおいて、「旦那が育児を手伝ってくれない」という苛立ちが大きな要因となっているようです。
仕事を持つ女性も多い昨今、「この調子で、復帰後にやっていけるのだろうか?」と先々のことを考えて憂鬱になったり、イクメンブームやネットの普及もあって、「私の夫だけが手伝ってくれない」という孤立感に苛まれてしまったり。そうした女性も少なくないそうです。

一方で、「協力するつもりがないわけではないけれど、実際のところ、どう手伝っていいかわからない」という男性陣の声もよく耳にします。だとすれば、女性側も、サポートの申し出を待つよりは、自分からどんどん積極的に「○○してくれたらすごく助かる!」「○○して欲しいな」と“お願い上手”になったほうがいいのかも。また、早い時期から子供を持つ喜びや育児の楽しさを共有できるように、妊娠中から、病院や出産関連行事などに一緒に参加してもらうのも効果的だそうです。



Posted by えryれつrちぃ at 18:11│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリ
過去記事
最近のコメント
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
えryれつrちぃ